妊娠中のおすすめの服装

妊婦


妊娠中のおすすめの服装は、体をしめつけず心身ともにリラックスできるものが一番です。
最近では通販でもかわいいマタニティーの用品がそろっているので、妊娠中もおしゃれを楽しめますよ。妊娠中でも、おしゃれを楽しんでいると以外にブルーな気分も吹っ飛ぶから不思議・・・。
では、さっそく服装の種類別に体にいい服装をみていきます。


「洋服」
段々とおなかとバストのサイズが変化していくので、サイズアップに対応した衣服だととっても便利です。
パンツはウエストにゴムが入っていて、ボタンで調節できたりします。特に、おなかの部分がリブ編みになっているタイプはおなか全体をすっぽり包み込むような感じになるので、窮屈に感じることがなくらくちんです。

らくちんさから言うと、スカートはパンツ以上にリラックスできます! ただ、上に子供がいる場合は抱っこしたり一緒に遊んであげたりなど、動き回らなくてはいけないことが多いので、そんなママにはパンツをお勧めします。

おしゃれはもちろんしたいですが、洗濯物が妊娠前に比べるとかなり大変に感じます。ですから、アイロンがけが必要な生地は避けるのが無難です。また、かがんだりするのがどんどんつらくなってきます。脱ぎ着がしやすいタイプを選ぶのも大事ですよ!

わたしは、普段はジーンズが多かったのですが、妊娠中はスカート派でした。一度着るとその楽さにとりこになってしまったんですよね・・・。それと、スカートだと上の服は妊娠前の物が着られることもあって
シンプルな形のスカートを何枚か持っていました。
おすすめは妊すぐの通販です。おしゃれな服を簡単に手に入れることができますよ。

「靴」
おなかが大きくなるということは、当然体重もどんどん増えていきます。足にかかる負担は想像以上で、普段歩きやすく感じていた靴も、ヒールの高さや靴底の具合で随分感じ方が違ってきます。
なんせ、おなかがでっぱってくるので自分の歩き方も体が反ったようになります。不安定な靴はやめていざというときにしっかり踏ん張れる靴にしましょうね! 

以外にヒールの高さより、靴底の仕上げの具合で歩きやすさが決まってくるようで、私自身はぺったんこ
な靴でもつるつるの物は苦手でした。雨の日に、大理石のように仕上げてある床(デパートとかアパートの玄関とか・・・)でよく滑っては怖い思いをしました・・・。

今年なんかは、バレエシューズが流行ってるので、きっとかわいいはきやすくて歩きやすい靴を見つけられると思いますよ。

「下着」
妊娠すると、バストサイズが2つくらい上になります。張ってくるので、感覚としてはもっと大きく感じるかも・・・。妊婦用が出ているので、産婦人科では妊婦用の前開きのものをすすめられるかもしれません。が、ワイヤーは入っていないか、もしくは硬くないものがおすすめです。

アンダーのの部分をしめつけると、とても苦しくて上半身全体が痛くなってきて大変なことになります。
特に、出産直後はあかちゃんの授乳量も決まってない(1ヶ月くらいたつと、あかちゃんの飲む量にママのおっぱいの量が調整されます。)ので、血管が浮き上がってわきの下あたりにある副乳までもが熱をもってきたりするので、ワイヤー入りのブラは避けた方がいいです。

アンダーの部分が太めでしっかりしたものだと楽に感じます。入院中はブラより乳帯がおすすめです。
さっとあげられるし、何より体をしめつけないので快適です。病院では、家にいるときはブラをしないことをすすめられましたが、ママが快適に感じる方でいいと思います。あまりあれこれ気にしすぎても、おっぱいの出が悪くなるそうですから・・・。

「ガードル」
おなかを冷やさないようにしたり、しっかりと支えてくれたりします。最近では腹帯をする人が減って、ガードルや簡易の腹帯がいろんなタイプで出ています。おなかが大きくなってくると、足の付け根のあたりが随分と圧迫されるので、あまり下腹部や足の付け根あたりが締め付けすぎるものはおすすめできません。ロング丈のガードルがその点ではおすすめです。

でも、やはりおなかの安定性を考えると、昔ながらのさらしが一番です! 巻くのが面倒に感じますが、おなかを持ち上げるんだ!という感じで巻いていけば完成です。意外に使ってみるとそれが一番良かったことにびっくりですよ。

「ショーツ」
おなかをしめつけるようなゴムのきついものや、ビキニタイプは避けましょう。
それでなくてもおなかが張っていて腿のあたりはかなり血の巡りが悪くなっています。おなかがすっぽりかくれるようなタイプを病院ではすすめています。

「シャツ・スリップ」
ゆったりしていて、前が伸びるなり開くなりできるタイプが授乳にも便利です。
綿素材はちょっと産後体温が上がるママにはおすすめです。
夜寝るときは、パットが最初からついているタンクトップなどが重宝します。


 

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved