赤ちゃんはいつ生まれる?

赤ちゃん


妊娠37週を過ぎればいつ生まれても不思議ではありません!!

初診で伝えられる出産予定日は最終月経が始まった日を、妊娠0週0日として40週0日を出産予定日としたものです。ただ、月経周期によって多少の誤差が生じてくるので、超音波の健診であかちゃんの大きさを測定して初期の段階で出産予定日は修正されます。この出産予定日はあくまでもひとつの目安ですから、出産予定日の前後1週間はいつ生まれてもおかしくない状態にあります。
正常分娩は、正期産(せいきざん)と呼ばれる37週0日から41週6日までの出産のことをさします。それよりも早く出産すれば早産、遅く生まれると過期産(かきざん)と言います。
37週を過ぎるとおなかの中のあかちゃんは4頭身くらいのバランスの体つきに成長しています。顔や体、手や足もふっくらまるまるしていて、内臓器官はすべて完成された状態です。このころのママのお腹もかなり大きくなってきています。同時にこのころのお腹というのは妊娠線ができやすくなっています。妊娠線ができないように妊娠線クリームで肌をケアすると産んだ後も傷がのこりません。口コミで評判のママさんに人気!おすすめの妊娠線クリームでケアするといいですね。
ママの骨盤の中に頭が納まる位置まで下がってきていて、出産を待っています。健診でも、先週には見えたあかちゃんの顔の表情が今週は見えない位置まで下りて出産の準備をしていますよ。
いつお産が始まっても始まってもおかしくない状態ですので、おなかが張るときは安静にして、10分間隔の陣痛を伴ったり破水をした時は、すぐに産院に連絡をしましょう。いつお産が来てもいいように入院の準備や連絡先、上のこどもがいるなら預け先などを事前にしっかり確認しておきましょう。
外出するときは、入院の荷物までは持てないかもしれませんが最低でも母子手帳と生理用のナプキンは必ず持ってでかけるようにしましょう。

◆お産の兆候
ママの体がお産の準備に入ると、いろいろな兆候があらわれてきます。

「腰が痛くなる」
お産が近づいてくるとあかちゃんが下りてくるので、腰のあたりを圧迫して痛くなる場合もあります。

「おりものの量が増える」
ママの体がお産の準備に入ると、子宮口がやわらかくなってきて開きやすくなります。
それでおりものも増えてくるのですが、おしるしの場合はさらに量も多くなります。

「胃がすっきりして食欲が出てくる」
あかちゃんが下がると、子宮も一緒に段々下がってくるので今まで胃を圧迫していたものがなくなり急にすっきりした感じになり、食欲がアップします。くれぐれも食べすぎにはご注意を!!

「おなかのあかちゃんの動きが少なくなる」
骨盤の中にあかちゃんの頭が入ってくるので、あかちゃんの動きが少なくなります。しかし中には、出産まで元気に動き回っているあかちゃんもいますので、これはあくまでも目安です。

「トイレが近くなったり、残尿感や残便感が出てくる」
あかちゃんが下がってくると、あかちゃんの頭がママの膀胱を圧迫するので、今までより一層トイレが近くなります。

「恥骨や足の付け根が痛くなる」
あかちゃんがお産のときに自分が通りやすくなるように、ママの恥骨のつなぎ目が少し開いたような状態になり、足の付け根あたりが痛くなることが増えます。

「おなかが不規則に張るようになる」
前駆陣痛といって、お産の1〜2週間前後から1日に何回かおなかが不規則に張ってきたり痛んだりします。これは、お産に備えて子宮の筋肉が不規則に収縮してきているからです。痛みが不規則であれば、まだお産までは時間があります。初産のママはお産が始まったのかと緊張してしまうことが多いですが、痛みが規則的に起こるようになったらいよいよお産が始まります。
最初は、1時間から30分置きくらいに感じるようになって、段々15〜10分間隔に縮まってきたらいよいよお産の始まりです。まだまだ15分や10分間隔ならそうすぐには生まれませんので、あわてずに急いで産院に連絡をとって指示に従ってください。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved