正期産の時期にしておきたい事

正期産


◆入院の準備
いつお産になってもいいように、入院グッズを準備しておきましょう。自分が持って出れる
かどうかはわからないので、万が一に備えて家族にはこのバッグが入院に必要である、ということは
伝えておきましょう。

緊急時の連絡先リスト
産院の連絡先や、パパの勤務先、実家などの緊急時に連絡する電話番号を書いた紙を誰にでも目につくように貼っておくことと、ママ自身の携帯に電話番号が登録してあるかなどの準備も忘れずに! 

外出時の持ち物
必ず母子手帳をバッグには入れておきましょう。また、破水をしたりすることもあるので、ナプキンは用意しておくとあんしんです。

体を動かしましょう
いつ生まれても大丈夫といわれているママは、マタニティーヨガやマタニティービクス、マタニティーのスイミングやウォーキングなどで、積極的に体を動かしましょう。

◆正期産の時期に注意したい事
「体重の増加に注意」
お産が近づくとあかちゃんが下がってくるので、今まであった胃の圧迫感が取れて急に食欲が出てきます。特に里帰りをするママは、お母さんが何もかもやってくれて自分は何も動かず食べるだけ・・・なんてことも・・・。体重が急に増加すると、お産にも悪い影響しか出てこないので十分気持ちをひきしめて体重の管理はしっかり行なってください。

「長距離の旅行は控えめに」
いつお産が始まるかわからないので、旅行やドライブなどは近場で楽しみましょう。
また、できることなら買い物もできるだけ誰かと一緒にでかけた方が万が一のときには安心です。

「健診にしっかり行きましょう」
臨月に入ったら、健診は1週間に1回のペースになります。
ママの体の変化が激しいので頻繁な健診が必要となるからです。他にも心配があるようなことが出てきたら、必ず先生に相談して確認するようにしましょう。なんともなくても、心配事をかかえている状態がママの体にはよくありません。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved