入院の準備は完璧?

入院の準備


お産は予定日前後に必ず来るものではありません。突然入院することになったときにあわてて困ったことにならないように、妊娠後期の9ヶ月頃には早めにお産の入院準備をしておきましょう。急にお産が始まることも決して珍しくありません。

とっさの時にすぐに持って出れるように、バッグに入れて準備をしておきましょう。入院グッズの中には、産院で用意してくれる物もあります。事前に産院に確認して準備するものがかぶらないようにしておきましょう。
また、産院に急に行かなくてはいけない状態になったときに、どのような交通手段が使えるのか、深夜であれば誰に連絡すればいいのか、外出先での連絡方法は、など、いざお産が始まってしまうと自分では身動きがとれない場合も考えられます。
わかりやすい場所に一覧でメモを貼って用意しておくなど、あわてなくてもいいように事前にシュミレーションをしてみて考えられる可能性をチェックしておきましょう。特に、移動手段は一つではなくいくつか用意しておくと安全です。

■事前にやっておきたいこと
「万が一のために、救急車の呼び方と家族への連絡先をチェック!」
お産の始まりにトラブルが起こり、救急車を呼ぶことになるかもしれません。
救急車を呼ぶには、まず119番を押しましょう。次に名前と電話番号を告げます。自分が妊娠中であることと 体の状態を簡単に説明します。
次に、自分が今いる住所を告げます。特に、近くに分かりやすい建物や場所があるときはそれを
 一緒に伝えます。最後に、自分が健診をしている産院名を告げましょう。とっさの時はあわててしまって、119番が出てこないこともあるのでメモで貼っておくといいでしょう。パパや家族の連絡先も携帯番号以外に会社の電話番号などもあわせて確認しておきましょう。

「タクシーなど産院までの移動手段を確認しよう!」
家族の車で産院まで行くことができれば一番安心できますが、一人で外出しているときなど自分で移動しなくてはいけない場合もあります。タクシーの連絡先もチェックしてメモは自宅以外に自分の持ち歩いているバッグにも入れておきましょう。また、タクシーは時間帯や天候などさまざまな状況によってはすぐにつかまえられないことも考えられますので、最低でも2〜3社の連絡先を確認しておくと安心です。

「家を留守にする間の準備はOK?」
家賃や公共料金の支払いや、宅配の配達などが入院中に重なる場合もあります。入院中はどうするのか事前に考えておきましょう。また、出産に必要な費用の準備も必要です。病院に持ってくる必要はありませんが、口座から引き出す場合は通帳の準備も必要ですから家族と打ち合わせをしておきましょう。
ペットを飼っている場合は、預け先が必要であれば確保しておくようにしましょう。

「入院に必要な物の準備はOK?」
入院中の準備は早めにやっておきましょう。ママ自身も安心できます。外出先から直接入院することになるかもしれないので、家族にも頼めるようにわかりやすい場所に用意しておいて事前に伝えておくことがいいでしょう。

「お産の流れと体の仕組みを知っておこう!」
陣痛、破水、おしるし、・・・とお産の始まりや程度は人それぞれです。
どんなふうにお産が進んでいくのか、知っておくことで不安が軽減します。わからないことだらけだと、不安が募るばかりですからぜひしっかり勉強をしておきたいものです。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved