分娩方法やパパの立会い

妊婦とダンナ


自然分娩、無痛分娩、アクティブバース、水中出産、などの方法があります。産院によってできる分娩方法や勧めている分娩方法は異なるので、早めに確認しておくことをおすすめします。
初めてのお産は特に不安がつきまとうものです。ママ自身が納得できて満足のいくお産であることが大切です。
そのためにも、どんなお産の種類があって自分はどんなお産を望むのか知っておくことがいいでしょう。


◆分娩台を使ったお産
普通分娩
あかちゃんを通常どうりに出産する場合で、仰向けになって分娩をします。最近では分娩台が少し起き上がっているような姿勢をとる出産が主流です。
他にも、和室のような畳の上で横になった状態で出産することができる産院もあります。最終的には
仰向けで出産しますが、陣痛の時に横になった状態でいきめます。

帝王切開
逆子や双子ちゃんなどの理由で、に産道から産む経膣分娩が困難な場合は帝王切開での出産になります。また、普通分娩であっても出産の途中にトラブルがあった場合など緊急時には帝王切開に変更しての出産になります。

無痛分娩
麻酔でお産の痛みを和らげる分娩方法です。使用する麻酔は硬膜外麻酔といって局部麻酔がほとんどです。全身を麻酔するわけではないので、ママに意識はあるため出産時にあかちゃんの産声を聞くこともできます。

◆分娩台を使わないお産
助産院で出産
助産師によるサポートで出産をすることができる施設での分娩です。ただし、この方法は正常分娩のみで、何か問題が起きたときは緊急に提携病院で出産することになります。

自宅分娩
自宅に助産師さんにきてもらって出産する方法です。毎日の生活場所での出産なので、ママもリラックスしてお産に臨めます。

水中分娩
専用のプールでお産をします。水温を羊水と同じにした温水で出産します。体が温まって血液の循環もよくなり、リラックスした状態でお産ができます。


◆パパに立ち会って欲しい?
ママの気持ちだけでなく、パパの気持ちも考えて相談しましょう。昔では考えられなかったことですが、今では立会いをすすめている産院がほとんどです。確かに、立ち会ってもらうとママも安心できたり心強かったりします。

ただし、これはパパが立会いに賛成の場合です。途中まで立ち会ってもらうとか、産院側も臨機応変に対応してくれるのでできることなら立ち会ってもらうほうが、ママの大変さを共感できていいと思います。
一緒にがんばってくれているパパを見ると、これからの子育てにもママは自信を持てることは間違いないですし、パパもこれからはもっとがんばらなくちゃ!と思うみたいですよ。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved