医療処置について

医者


お産を進めるために必要なこともある医療処置ですが、最近では医療処置を希望しないママが多くなってきています。
母子の安全のためには必要な場合もあるので、ママの希望だけではどうにもならない場合もあります。

お産を進めるためにする、陣痛促進剤やメトロイリンテル、あかちゃんが出てきやすいように行われる会陰切開や吸引分娩、お産に備えてする点滴や剃毛、導尿、浣腸などが医療処置の一例です。

1.陣痛促進剤
陣痛促進剤は、陣痛を起こすホルモンと同じ成分が入っていて、子宮の収縮を促してお産を進める働きがあります。
お産が始まったのになかなか進まず、母体やあかちゃんが心配な場合や予定日を過ぎてもなかなかお産が始まらなかったり、無痛分娩など計画的な分娩を行う時に陣痛を誘発させる目的で使われる薬です。
陣痛が弱まってしまって、再度陣痛を起こす場合もあります。
成分はママの体の中で作られている陣痛を起こすホルモンと同じなので、心配はいりません。
プロスタグランディンといって子宮を収縮させたり、子宮口をやわらかくする働きがある成分と、オキシトシンといって、子宮を収縮させる働きがある成分を含んでいます。
陣痛促進剤を使うことに抵抗があるママもいるかもしれませんが、これはママとあかちゃんの安全性を第一に考えた場合必要であるから使うのです。もちろん、陣痛促進剤を使うときには、今このような状態でこうだから使う、といった説明がありますので疑問を感じたり、不安に思うときはきちんと確認してお産に臨みましょう。ママが納得したうえで医療処置を受けることが大切です。

陣痛促進剤は同じ量を使っても、すぐに陣痛がくるママもいれば、なかなかすすまないママもいて個人差があります。
まれにですが、過強陣痛といって陣痛が強くなりすぎておなかが張りっぱなしになることがあります。もし陣痛促進剤を使用している間に心配事や気になることがあったら、すぐに先生や助産婦さんに伝えてください。
もちろん、安全にお産がすすむように陣痛の様子をみながら陣痛促進剤を調整してくれていますので、必要以上に心配することはありません。

本来は自然にまかせていれば始まる陣痛ですが、ママやあかちゃんに危険が及ぶことがあるので陣痛促進剤を使って陣痛をおこします。
前期破水といって、陣痛が起こる前に破水するとあかちゃんを包んでいる膜が破れてしまいます。すると、膣から細菌感染する場合があるので陣痛を誘発させてお産を開始させます。
他にも、過期妊娠といって妊娠41週までは正期産ですが42週を過ぎると胎盤の機能が低下してきて、
酸素や栄養分が十分あかちゃんまで届かなくなる恐れがでてきます。
正期産の時期であっても何かの原因で胎盤の機能が低下してきて、あかちゃんによくない状態になる胎盤機能低下、という症状や、ママが妊娠高血圧症候群、糖尿病などの合併症にかかっている場合は陣痛促進剤を使って陣痛を起こします。

また、陣痛が始まっていても微弱陣痛、遷延分娩、軟産道強靭など、お産につながらない陣痛の場合は陣痛を促進して有効なものにします。微弱陣痛とはお産が始まっても、最初から弱いものであったり、
途中で治まってしまったりすることです。この場合はお産が長引くおそれがあり、ママもあかちゃんも影響を受けるおそれがあります。

遷延分娩とは、陣痛が始まって初産の場合は30時間、経産の場合は15時間たっても出産に至らない場合をいいます。このケースもママやあかちゃんに影響が出るおそれがあります。
軟産道強靭は、子宮口の筋肉がかたくて開きにくいことをいいます。あかちゃんが下りてこれないのでお産がなかなかすすみません。このケースは高年初産の人に多くみられます。

お産の進み方は人それぞれですが、ママやあかちゃんに心配な影響を与えるような状態の場合はやはり陣痛促進剤を使って、陣痛を有効な強さに調整します。

2.子宮頸管熟化剤
しきゅうけいかんじゅくかざい、と言って閉じている子宮口を開くためのホルモン剤のひとつです。
お産が近づいてくると通常はホルモンの働きで子宮口が開きやすくなってきます。ところが、あかちゃんがお産が始まって段々おりてきているにもかかわらず、頭に押されて子宮口が開いてくるはずが、子宮口がかたいために陣痛が起こりにくく、陣痛がたとえきたとしてもお産がなかなかすすまない状態になります。他にも、妊娠37週以降になっても子宮口がかたくて、そのままでは陣痛が起こりにくいと健診のときにわかっているママもいます。このような場合は、子宮口をやわらかくするマイリスという薬を使用することもあります。マイリスには膣錠と注射があって、子宮頸管拡張器具と平行して使うこともよくあります。

中には、ラミナリアもメトロイリンテルも使ったのになかなかお産が進まないママもいます。もともと高血圧で、妊娠高血圧症候群と診断されていたママなのですが、ラミナリアが効果がなく翌日にメトロイリンテルを入れてみたけれどもやはり子宮口は1cmしか開かず・・・・に、結局最終的には陣痛促進剤、人工破膜と続けて、やっとの思いで出産にいたったケースもあります。
  
3.子宮頸管拡張器具:予定日を過ぎてもお産が始まらない場合や無痛分娩などでは、陣痛促進剤で誘発しても子宮口がかたく閉じていることが多いので、子宮口に挿入して人工的に押し広げます。子宮口が3?aほど開くと出産に結びつく陣痛が起こりやすくなります。
子宮口を押し広げるには、ラミナリアやラミセル、メトロイリンテルなどの器具を使います。ラミナリアは海藻成分、ラミセルは化学繊維をそれぞれ棒状にしたもので、頸管内の水分を吸収して膨張し、子宮口を押し広げます。ラミセルの方がより早く膨張します。
メトロイリンテルは、風船のようなものの中に注射器で滅菌水を入れて、内子宮口のあたりでふくらませることで子宮口を押し広げる仕組みになっています。

4.会陰切開・縫合
会陰とは膣口と肛門の部分のことで、通常はお産のときに薄く伸びて赤ちゃんの頭がつかえることなく出てくるのですが、中には会陰の伸びが悪くてなかなかあかちゃんが出てこれないケースもあります。
心拍数がさがったり、会陰が十分伸びていなくて裂けてしまうこともあります。会陰が肛門まで裂けてしまうような会陰の長さが短いママは、産後の回復にもかなり時間がかかってしまいます。こういったトラブルを避けるために会陰切開を行います。
切開をするには、まず赤ちゃんの頭が膣口から見え隠れするようになる排臨の状態のときに会陰に局所麻酔を行い、赤ちゃんの頭がずっと見えたままの状態の発露になったときにします。先の丸いはさみで切るのであかちゃんが傷つくことはありません。また、切開をする場所は、肛門側一箇所が多いのですが、あかちゃんの向きや状態によって切る位置や長さは異なります。
目安としては、2,3センチです。

切開をした場所は胎盤が出た後に縫合します。このときに使う糸は抜糸が必要なものと、溶けてなくなるので抜糸を必要をしないものがあります。最近では抜糸がいらない糸を使う産院がほとんどです。産後はしばらく違和感を感じたり、痛みが気になってトイレに行くのが怖かったりしますが、1週間程度でほとんど治ります。
シャワートイレを使用したり、座る時にはドーナツのように真ん中がくり抜いてあるクッションを使うのもいいでしょう。
会陰切開はすべてのママに必要というわけではありません。また、したくないならそのように伝えておくのもいいですが、これも赤ちゃんの状態で必ずしも希望を聞いてもらえることではありませんので注意してください。それに、切開というと痛くて怖いような気がしますが、実際はお産の痛みの方がうんと大きいので、その時になったら早く出てきて!と思うママがほとんどです。また、あっという間に切開してもらえるので、実際はまったく感じることなく行われます。切りますね!といわれたものの、え?もう終わったの?というのが実際のようです。

5.吸引分娩
お産に時間がかかって、あかちゃんの心拍数が下がったときの処置です。微弱陣痛などで時間がかかりすぎるとあかちゃんの心拍数がさがり、早くあかちゃんを出してあげなくてはなりません。その場合、ママのいきみに合わせて、子宮口が全開大であれば吸引分娩を行います。シリコンか金属製の半円形のカップを子宮口から挿入して赤ちゃんの頭に吸い付かせて引き出します。

6.かん子分娩
吸引分娩と同じで、赤ちゃんを早く出さなくてはならない状態のときに行う処置です。金属製のスプーンを二つあわせたような器具で、あかちゃんのあごから頭の部分をはさみ、ママのいきみにあわせて引き出します。吸引分娩にくらべると、より奥にいるあかちゃんをより強く引き出すことができる処置です。
ただし、最近ではこの処置をとる産院は少なく、高度な技術を必要とします。
分娩に時間がかかりすぎて、体力を消耗し陣痛促進剤が使えず、さらに帝王切開も切り替えることもできないママがかん子分娩を行ったというケースもあります。

7.血管確保
点滴のことです。お産の前の準備として行う医療処置です。お産のときの万が一のトラブルに備え、すぐに輸血などの対応がとれるように分娩の前から点滴をしておきます。
特に、ハイリスクのママには血管確保をしておいた方が安全です。また、お産が長引いて疲労しているママにもカロリー補給をしたりします。
逆に、点滴をつけると自由に動かせないので点滴処置を行わない産院もあります。

8.導尿
スムーズな子宮収縮のための処置です。膀胱は子宮ととなりあっているので、尿がたまっていると子宮の収縮が悪くなって、あかちゃんが下りにくくなったりして、お産に悪影響を与えます。それを予防するためにお産直前にカテーテルという細い管を尿道に通して尿を出しておきます。陣痛がきてトイレに行ける状態でなかったり、産後に尿意を感じにくくなったときなども導尿を行ったりします。

9.剃毛
会陰縫合をしやすくするために行なう処置です。あらかじめ陰毛を剃っておくことで傷口を縫合しやすくします。
そるのはすべてではないのですが、希望しないママが増えてきているので最近では行なわない産院が多いです。
ただこれも、病院側が慣れた方で行なってもらう処置の方が安全なので、希望しないのであれば最初に
確認しておくことは必要です。

10.浣腸
腸の中に便があると、お産でいきんだときに一緒に出てあかちゃんに大腸菌などが感染するおそれがあります。
そこで、あかちゃんへの感染を予防するために浣腸をしておくのです。しかし、これも最近では浣腸をしたくないママが増えてきているので、行なわない産院が増えてきています。他の理由としても、以前は浣腸をして子宮を刺激するとお産が進みやすいとされてきましたが、かならずしもそうではないので積極的に浣腸をすることはほとんどなくなってきています。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved