さらしの腹帯に挑戦しよう!

妊婦


日本では昔から、妊娠5ヶ月に入った戌の日に安産を願って腹帯を巻く習慣があります。腹帯は単に迷信から巻くわけではなく、おなかを冷えから守ったり、
おなかを支える役割があります。最近はガードルタイプや腹巻になったものもありますが、やはりさらしにはかなわないようです。さらしの利点としては
綿100パーセントですから、汗をよく吸収します。また、巻き方の強さが調節でき、産後のウエストニッパーの代わりにもなります。もちろん、あかちゃんの
おむつとしても使用できます。臨月に入ると急におなかが大きくなりますが、どの腹帯より一番安定させて支えてくれるのが、さらしです。巻く作業が面倒に
感じるかもしれませんが、一度巻くと意外にしっかり留まっているので腹巻のタイプやガードルよりも面倒に感じないものです。一度、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved