おっぱいの手入れをしよう!

授乳


最近では、おっぱいを推奨している産婦人科が多くなってきていて、産院によってはおっぱいの手入れの仕方や入院中はみんなで授乳室で集団でおっぱいをあげたりするなどの指導を行なっています。もちろん、ミルクもすぐれた養分をもっているので出ないからといって悲観することはありません。

ただ、なるべくできることならママのおっぱいをあげることがあかちゃんにとっては一番なのです。出産後はおっぱいをあげることで、ホルモンの分泌が促されてママの子宮収縮を促進してくれます。ですから、産後のママの体の回復を助けてくれるのです。さらには、母性を深めることができ、睡眠不足でつらい時期を乗り越えやすくなります。

おっぱいを成功させるには、妊娠中からの手入れが大切です。もちろん何もしなくても授乳できるママもいますが、無駄にはならないので是非実行してみましょう。
時期としては、妊娠37週に入ったころが適当です。

「乳首の手入れ」
妊娠中期に入ると、透明な初乳がにじんでくることがあります。その初乳で乳管が詰まることがあるので、お風呂に入る際には乳首をきれいに洗い流しておくことが大切です。
また、あかちゃんのおっぱいを吸う力は予想以上に強いので、最初は乳首が痛くなったり傷ついたりすることがあります。それを予防するためにも、妊娠中の乳首を鍛錬することが大切になります。マッサージをしたり、日頃からブラをはずしておくのも効果的です。マッサージをする際は、コールドクリームやオイルなど、すべりがよくなるようにして、指先でゆっくりとやさしくするようにしてください。(下記を参照)
 
妊娠後期に始めるマッサージ
1.乳輪の周りに親指、人差し指、中指の3本をあてて、乳房の奥の方にぐっと押し込みます。

2.そのまま乳輪部を包み込むようにしてつまみ、前に引っ張って引き伸ばすようにします。

3.乳輪をもとの位置に戻して、次は左右交互にねじるように回します。

4.最後に乳首を前に引き出しながら、 乳首を3本の指で軽くしごくようにします。これを両方のおっぱいで行なってください。
  
*乳首が出ていなかったり、平らになっているママのお手入れ方法1.乳首を引き出すようにしましょう。乳輪の上下に人差し指をあてて、乳首を引き出すようにゆっくりと上下に乳輪を伸ばすようにしましょう。

*乳輪の輪郭部の左右に人差し指をあてて、乳首を出すようにゆっくり左右に乳輪を伸ばすようにしましょう。

最初は上手にできないかもしれませんが、段々うまくできるようになるので悲観せずに練習しましょう。他にも乳頭吸引器やブレストシールドなどもあります。

*注意
おっぱいのお手入れをしている時に、下腹部が張ったり、不快感を感じたらすぐにやめましょう。
乳首に触れると激痛が走る場合はお手入れをやめて、医師に相談してみてください。
おっぱいマッサージはあまり強すぎて傷つけては逆効果です。無理をせず、毎日少しずつ慣らしていきましょう。

おなかが張りやすいママや、妊娠の経過に異常があるママはおっぱいの手入れを行なっても大丈夫かどうかを医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved