育児休業給付金

育児休業というのは、産休が終わってからもこどもが1歳になる(法律では1歳になる前日)までの間
とりたいだけ休みがとれる制度です。
この制度は男性でも女性でも、会社員であれば誰でもとることができます。ただ、その期間は無給です。そこで、育児休業をとる人で条件を満たす人であれば、期間中の経済援助を受けることができます。育児休業給付金には、育児休業基本基金と育児休業者職場復帰給付金の2種類があります。

◆誰がもらえるの?
対象になるのは雇用保険に入っていて、育児休業前の2年間に1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上あることが条件になります。
 *産休が終わってから育児休暇をとらずに仕事に復帰した人や、育児休暇を20日未満しかとらなかった人、会社を退職する人は対象になりません。
 *休業を始めてからの給料が80%未満で雇用されていることも条件になります。
なお、受けとれる期間は最長で10ヶ月です。

◆いくらもらえるの?
育児休業給付金は育児休業中に、平均給料の約3割を毎月支給されます。育児休暇をとり始めた日から1ヶ月単位の支給となります。ただし、1ヶ月に20日以上休業している人が対象です。また、受給中に
途中で仕事を辞めた人は、辞めた月から受給はスットップされます。
*月額最高12万9870円です。
*育児休暇中に給料がでる場合は、給料と給付金の合計が月給の8割を超えないように調整されます。
*育児休業は原則として、休業を開始する1ヶ月前までに勤め先に申し出てください。

育児休業者職場復帰給付金は給料の約1割を育児休暇から復帰して6ヶ月経つと、育児休暇期間分だけさらに支給されます。(最長10ヶ月)

◆手続きはどうするの?
産休に入る前に勤め先に申し出ておきましょう。提出書類は雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書、母子手帳、印鑑です。ただし、手続きはハローワークが行いますが、勤め先がしてくれることがほとんどです。

 

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved