乳幼児医療費助成

乳幼児は急に熱を出したり、病気になったり何かと医療費がかさむもの。その負担を軽くするために自治体が子育て支援の一環としておこなっているのが乳幼児医療費助成の制度です。市区町村によって、制度の内容はかなり違いますが、乳幼児の医療費の全額、または一部を自治体が負担をしてくれます。

各自治体が独自に行っている制度なので、助成内容や対象年齢は異なります。一般には0歳児の医療については、何回、いくらかかろうが免除されることがほとんどです。その後は、小学校にあがるまで全ての医療費が免除されるところもあれば、所得制限を設けて何歳かまで免除されたり、申告したら受け取れる場合など、市区町村によってかなり運用が異なります。

あらかじめ、自分の住んでいる地域の助成制度がどうなっているのか確認しておきましょう。申請したら受け取れる、という場合もありまるから、必ずチェックしておきたいものです。
また、対象年齢やその他の内容は改正されることもあるので、どうなっているのかマメに調べておきましょう。

◆誰がもらえるの?
親が健康保険に加入している乳幼児です。ただし、対象年齢は市区町村によって異なります。

◆いくらもらえるの?
0歳までの医療については全額負担してもらえるところがほとんどですが、内容は住んでいる地域によってさまざまですから、あらかじめ把握しておきましょう。

◆手続きはどうするの?
申請は住んでいる市町村役場で行ってください。
手続きに必要なものはあらかじめ役所に確認しておきましょう。出生届けを出すときに一緒にやってもらえるので、二度手間にならなくてすみます。
*特に初めての赤ちゃんの場合、ちょっとしたことでママも不安になるものです。すぐに病院に連れて行けるように 早く準備をしておきたいものです。
医療費助成を受けるには、まず産後すぐに赤ちゃんを健康保険に加入させる手続きを行います。
パパとママの健康保険が別の場合は、所得税の扶養控除をパパにしてもらったのであれば、パパの健康保険に加入する方が確実に加入できます。勤めている場合は、会社を通じて加入手続きを行ってください。
赤ちゃんを健康保険に加入させる手続きを終えたら、市区町村の役場で助成の手続きを行います。
通帳と印鑑が必要になってくることが多いので、役所に足を運ぶ前に確認しておくと二度手間になりません。

◆期限は?
出産したらなるべく早く手続きを行ってください。


 

スポンサードリンク

関連エントリー

 
Copyright © 2007 妊婦さんの出産準備ガイド. All rights reserved